1036円 ラヴェギヤ ロブレ [ 2018 ]ボデガス ラ セパ アルタ ( 赤ワイン ) [S] その他 1036円 ラヴェギヤ ロブレ [ 2018 ]ボデガス ラ セパ アルタ ( 赤ワイン ) [S] その他 その他,ロブレ,2018,(,1036円,),セパ,[S],アルタ,]ボデガス,ラ,[,ラヴェギヤ,赤ワイン,/amorous1597843.html,dev.jerichonursery.com ラヴェギヤ ロブレ 2018 ボデガス ラ S [ギフト/プレゼント/ご褒美] アルタ セパ 赤ワイン ラヴェギヤ ロブレ 2018 ボデガス ラ S [ギフト/プレゼント/ご褒美] アルタ セパ 赤ワイン その他,ロブレ,2018,(,1036円,),セパ,[S],アルタ,]ボデガス,ラ,[,ラヴェギヤ,赤ワイン,/amorous1597843.html,dev.jerichonursery.com

ラヴェギヤ ロブレ 2018 ボデガス ラ S ギフト プレゼント ご褒美 アルタ セパ おトク 赤ワイン

ラヴェギヤ ロブレ [ 2018 ]ボデガス ラ セパ アルタ ( 赤ワイン ) [S]

1036円

ラヴェギヤ ロブレ [ 2018 ]ボデガス ラ セパ アルタ ( 赤ワイン ) [S]





■輸入元様資料より抜粋■
【ワイナリー :ボデガス・ラ・セパ・アルタ】
スペイン北部に位置する高品質ワインの産地、リベラ・デル・ドゥエロに位置する、1991年設立の家族経営のワイナリー。現在の当主、ルイス・グラシア・アントン氏で二代目になります。

オーナーのアントン氏は醸造責任者のエピファニオ・グラシア氏と共に、栽培からワイン造りまで一貫して行い、生産されるワインは全て自社畑で収穫されたブドウを使用して、赤ワインのみを製造しています。

年産約25万本を製造しており、約6割が国内で消費されています。自国スペインではレストランやワインショップで販売されており、輸出先はドイツが中心となります。自社畑が、スペインを代表するワイナリー、ピングス社と隣接しており、同条件の優れた土壌から素晴らしいワインを生み出しています。

【ワイン造りのコンセプト】
《家族でワイン造りを行うこと。ワインは全て高品質ワインであること。》その意気込みがワインの味わいとして見事に現れています。

スペインのワイン造りの歴史上、高品質ワインを産出する銘醸地の先駆けとなったリベラ・デル・ドゥエロにおいて、小樽を用いたモダンな造りを行ってはいますが、テンプラニーリョの果実味を重視した造りを行っており、樽熟成期間を短縮しています。ドゥエロ川沿いに存在する素晴らしい気候と土壌から生まれるブドウの個性とワイン造りの歴史の両方を尊重し、新たなスタイルのワインを完成させています。

◇《ベルリン ワイン トロフィー2019》金賞受賞

●土壌: 石灰岩まじりの砂泥質土壌
●醗酵:ステンレス・タンク。MLF有り。
●熟成:オーク樽熟成 142日間(フランス産)、瓶熟成 4か月間
●アルコール度数:14%
■テイスティングコメント■
カシス・リキュールやダークチェリー、スミレに胡椒のアクセントが綺麗に溶け込んだ香りと、味わいにも、アタックは香りのニュアンスが溶け込んだ印象がスムースに広がり、中盤からはややドライなタンニンがだんだんと存在感を増していきます。

INFORMATION
NameLaveguilla Roble Bodegas La Cepa Alta
ブドウ品種テンプラニーリョ 98%/カベルネ・ソーヴィニヨン2%
生産者名ボデガス ラ セパ アルタ
産地スペイン/リベラ・デル・ドゥエロ
RegionSpain/Ribera del Duero
内容量750ml
WA-/Issue -
WS-/Issue -

★冷暗所での保管をお勧めします。


ラヴェギヤ ロブレ [ 2018 ]ボデガス ラ セパ アルタ ( 赤ワイン ) [S]

四季折々の草花の写真集です

タンポポの綿毛
タンポポ
学名:Taraxacum

100~200の小花の集合体のタンポポ
そのひとつずつが綿毛をつけ
きれいな球体になる

やがてひとつひとつの綿毛が
種を運ぶ旅に出る

スポンサーサイト




牡丹
牡丹
学名:Paeonia suffruticosa

美しい女性を形容する
「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」
に取り上げられている牡丹。
大きく華やかな花を咲かせる。


芍薬は茎の直立する多年草だが、
牡丹はボタン科ボタン属の落葉小低木。



蓮華草

蓮華草(レンゲソウ)
学名:Astragalus sinicus

別名:紫雲英(ゲンゲ)

昔はどこででも見られたレンゲソウ畑
化学肥料が使われるようになって
すっかり姿を消していたが
最近有機栽培が見直されるようになって
また姿を見かけるようになってきた

遠目にみてもレンゲソウ畑のピンクの絨毯は
鮮やかで美しい


学名:Wisteria floribunda

日本原産でマメ科フジ属

近寄ってみると背後にマントのような「旗弁」を持ち
前の方に「翼弁」が突き出すという
マメ科の花共通の姿をしている

樹齢千年を越す名木が各地に残り
高尚さを感じさせる藤色や
霊峰富士山ともつながる「ふじ」の音から
古来より人々に親しまれている



麦の花


中央アジア原産のイネ科の穀物
コムギ、オオムギ、ライムギ、エンバクなどの種類がある

二毛作ができる地方では、
秋、イネを刈り取った後麦を育て
初夏の田植えの前に収穫する。

あまり見かけることはないが
ムギの花はこの時期にひっそりと咲いている。

Copyright © 四季の草花写真集. all rights reserved.